宗教や宗派が違いますと受け入れてもらえないことがある

かなり気に入った霊園や墓地が見つかったとしましても、宗教や宗派が違いますと受け入れてもらえないことがあります。
公営霊園の場合には、宗教や宗派による制限が無く仏教や神道、キリスト教など、宗教を問われることはありません。

 

寺院墓地というのは、一般的に檀家になることがありますので、寺院の宗教の信徒であることが最低条件となります。
最近の寺院墓地には他宗派の信徒も受け入れるところも存在していますが、仏教だけというところが多くなっているので注意が必要です。
民営霊園というのは、宗教や宗派不問で運営と管理をしているのが一般的となっています。
しかし事業主体が宗教法人の場合には、仏教以外の人は受け入れない時がありますので確認が必要です。 生前にお墓を建てておく人が多くなってきた現在、その前に素晴らしい霊園を探しておかなければいけません。
予算面やアクセス性などをしっかりと考えて自分にとって理想的な霊園を探しましょう。



- 注目サイト -

LED電光看板におまかせ
LED電光看板ドットコム
URL:http://led-pro.co.jp/effect/about.html


宗教や宗派が違いますと受け入れてもらえないことがあるブログ:18年06月06日

4年前のある日、友人のひとりが、
「ねぇ、ミッチー(及川光博)のコンサートに一緒に行ってくれない?」と
猫なで声で誘ってきました。

当時、ぼくの彼に対する印象といえば、
「歯の浮くようなセリフを真顔で言える日本で珍しい人」くらいで、
好きでも嫌いでもない存在でした。

しかも、彼が歌を歌っていたともよく知らず、
「行ったら後悔しそう」と渋っていたのです。

120分や三時間もの間、
受け入れがたい音の中に身を置くのは耐えられない!と思ったのです。

しかしその友人が、
「ぼくも去年まで同じだった、でも、行ったら一瞬で変わったの!」と
何回も繰り返すので、
「じゃあ、ライプの後でビールおごれよ」と脅しつつ、
会場へ向かったのでした。

会場に着くと、
こんなにミッチーのファンが存在したのか!というくらい、
うようよとうごめいていて、何だかまた不安な気持ち…

かなりコアなファンらしき人たちの服装もちょっと怖い…

この時点でぼくは引き返したい気分。
ビールなんかおごってもらわなくていいから、断れば良かった!と思いつつ、
しぶしぶ座席へ…

友人は「ミッチー、素敵よ」と熱に浮かされている様子。
おかしい、ぼくはこの場で絶対に浮く、浮きまくる、と確信しました。
そうこうしているうちに照明がダウンして…

さて、約三時間後…
モノの見事に一瞬で変わったぼくは、
超ご満悦でビールを飲みながら、
今体験した素晴らしいミッチーワールドを
収まらない興奮とともに回顧したのでした。

完全に魔法にかかったぼくは、
究極のストレス解消法を見出したと思います。