都心の便利なエリアに位置している公営墓地

都心の便利なエリアに位置している公営墓地


都心の便利なエリアに位置している公営墓地
各都道府県、また市町村など自治体が管理や運営を受けている霊園のことを公営墓地といいます。
お墓を建てるには、そのお墓を使用する権利を取得する永代使用料が必要となってきますが、公営墓地の場合、民営の墓地と比較をして、永代使用料や年間管理費が安くなっているのが特徴です。

都心で非常に便利なエリアにある公営墓地というのは非常に人気が高くなっており、何年経過をしたとしても入手することの出来ない人が多数いらっしゃいます。
募集時期や応募資格、そして応募方法等に関しましては、各自治体の霊園課などにお問い合わせしましょう。
公営墓地というのは自治体によりまして募集方法は多少異なってはいますが、新聞などで年一回公募されることによって抽選により入手者が決定されることとなります。
募集対象とされるのは、まだ一度も埋葬されたことのない遺骨のある人となっており、その自治体に本籍や現住所のある人限定となります。 これから霊園探しをしようと思って適当に立地条件だけで選んでしまってはいけません。
どんなに通いやすい場所に霊園があるからと言って管理が悪いような霊園では意味が無いのです。




都心の便利なエリアに位置している公営墓地ブログ:19年02月19日

オレは、タイ人と結婚しており、
一年のほぼ大半は主人の国に住み、
娘の日本語教育のため、春と秋、毎年2ヶ月ほどを、
親が住む成田の実家で暮らしている。

帰国は頻繁だが、
日本を離れてもう10年以上…

「日本は豊かな国だな」「こんなに物があふれている」と
帰るたびに感じるのは、オレ達家族の生活が日本とは違い、
かなりシンプルなものであるからだと思う。

タイの我が家は、
山の中の一軒屋なので、電気が来ていない。

水力、太陽熱、風力の三種で自家発電している。
家の中の電化製品は、一般の家とあまり変わらないが、
家族全員、節電は常に心がけている。節水も同様。

一年のうち何日かは、電気が不足することがある。
降水量が極端に少ない夏に、
曇りがちで、風の吹かない日が数日続くと、
冷蔵庫の電源を切らないといけないほど、電気が不足するのだ。

そんな時は、
もちろんテレビもコンピュータも使わず、
22時は蝋燭の明かり…そして早く寝てしまう。

娘達は、テレビを家で見ることはない。
ましてや流行のゲームなど、一度もしたことがない。

娘達には、
モノよりこころが大事だと常に言い聞かせている。

日本の都会で生活し、
欲しい物を次から次へと与えるような生活をしていたら、
娘の性格も変わるかもしれない…と危惧する。

モノのない生活だから、
一冊のノートに大喜びする娘がいる。
自分で作ったおもちゃでいつまでも遊ぶ娘がいる。

必要以上のモノを与えられ無感動になるより、
小さなものでも、手にした時の感謝の気持ちを忘れないような、
そんなこころを持った娘に育って欲しいと思う。
都心の便利なエリアに位置している公営墓地

都心の便利なエリアに位置している公営墓地

★メニュー

日当たりがよく風通しや水はけの良い所が最も理想的な立地条件
都心の便利なエリアに位置している公営墓地
より安心することの出来る石材店を選ぶメリット
駐車場や水道施設というのは最低限備わっていてほしいもの
民間における公益法人や宗教法人が管理と運営を行なう民間
墓地選びにおきましての重要なポイント
宗教や宗派が違いますと受け入れてもらえないことがある
墓石代や永代使用料または管理料などが必要
決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切
多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)熟読!正しい霊園探し