熟読!正しい霊園探し

熟読!正しい霊園探し


熟読!正しい霊園探し

熟読!正しい霊園探し

是非理解しておきたい霊園に関する基礎知識を公開しています。
当サイト<熟読!正しい霊園探し>のお役立ち情報メニューにご注目ください。霊園というのはその地域と管理状況などによって権利を買う価格が大きく異なっています。
どんなに安い霊園だったとしましても、ほとんど管理をしてくれないような霊園では後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。

「自分には霊園なんて関係ない。いつか適当に買えばいいや」なんて間違った考え方をしていたりしませんか?
霊園を適当に買ってしまうと維持費や管理に問題が発生してしまうこともあるので注意が必要なのです。

どんなにアクセス性の良い霊園だったとしても、適当な管理状況である霊園では後々後悔してしまいます。
大切な霊園だからこそ、お墓参りに行きやすく、さらにしっかりと管理をしてくれる場所を選ばなければいけないのです。






熟読!正しい霊園探しブログ:19年02月21日
人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「13時12:00が近くなると腹が空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
6時朝9時ごろに6時食を食べたら、
ほとんどの場合、腹は空いていないと思います。

しかし娘の頃からの生活習慣で
「12:00になったら13時食」という風に教え込まれています。

だから、腹が空いていないにも関わらず、
12:00になったら食事がしたくなるのです。

3時のおやつもしかりです。

午後1:00近くまで食事をしていたのなら、
午後3時は食事後2時間程度しか経過していません。
2時間程度なら、さほど腹は空いていないはず…

でも、「3時の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来は腹は空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際には腹が空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうなシェフの気まぐれ料理の看板を見る
・飲み会の後はとんこつラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、腹が空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

減量をうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。


熟読!正しい霊園探し

熟読!正しい霊園探し

★メニュー

日当たりがよく風通しや水はけの良い所が最も理想的な立地条件
都心の便利なエリアに位置している公営墓地
より安心することの出来る石材店を選ぶメリット
駐車場や水道施設というのは最低限備わっていてほしいもの
民間における公益法人や宗教法人が管理と運営を行なう民間
墓地選びにおきましての重要なポイント
宗教や宗派が違いますと受け入れてもらえないことがある
墓石代や永代使用料または管理料などが必要
決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切
多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
サイトマップ サイトマップ
(C)熟読!正しい霊園探し