日当たりがよく風通しや水はけの良い所が最も理想的な立地条件

霊園というのは、日当たりがよく、風通しや水はけの良い所が最も理想的な立地条件と言えるでしょう。
水はけは納骨室が地下にある場合には、納骨されたご遺骨が清浄な状態に保つことが出来るかどうかに関わってきますので十分チェックしておきましょう。

 

霊園の運営状況や管理体制も重要なものであり、ポイントは墓地の掃除がしっかりと行われているかどうかということです。
その他にも墓参道具の整理整頓、植え込みや芝の手入れ、係員の対応などなどチェック項目は数多くあります。
ほとんど霊園のことについて情報収集をしないで交通の便だけで決めてしまうのは少々危険です。
実際に購入をしてみたら全く管理が行き届いていないような霊園ですと、苦労をしてしまうことになります。 もっともっと素晴らしい霊園と出会うために大切なのは、とにかくアクセス性と管理体制となります。
お墓を建てるスペースだけのチェックではなく、霊園全体の管理状況をくまなくチェックすることが重要です。



- お勧めサイト情報 -

スマートハウス 価格
スマートハウス 価格
URL:http://www.nichiei-group.co.jp/construction/


日当たりがよく風通しや水はけの良い所が最も理想的な立地条件ブログ:19年03月11日

ぼくのお母さんは長男である父と結婚しました。
結婚して間もなく、父の両親と同居…

父、お母さん、
祖父母、姉、ぼく、いもうとの7人の大家族でした。

祖父母、父、ぼくたちと食べ物の種類がいつも違うので、
お母さんは6時から晩まで
食事に追われていたことを覚えています。
時代が違うのもあるかもしれません…全て手作りでしたからね。

「長男の嫁は苦労する」
これがぼくの大きなイメージでした。

親戚にも気を遣い過ぎていたほどのお母さん。
見てて痛々しくて、ぼくたちは3人の女姉妹であるにも関わらず、
ほとんど親族には近寄ることはなく、
お母さんが一人であくせくしていたと思います。

あの時代に帰れたらもっともっと手伝いたかったなあと、
今では後悔することばかりですけれど…

「長男の嫁は苦労する」とは思いつつも、
ぼくは一度目の結婚のとき、旦那は長男でした。
旦那のお母さんは心からぼくを歓迎してくれました。
今はそう思えます。

ところが、あのときのは猜疑心いっぱいで、
旦那の実家に行くことがとてもしんどくて嫌だったんです。

それにはじめての子どもで男の子だったから、
とても家族に可愛がられていた分、
結構旦那は実家では自由きままだったんですよね。
それがうらやましくもあったと思います。

だけど
旦那との関係が悪化したとき、
旦那のお母さんに散々責められてしまいました。

今考えると、旦那のお母さんだって、
自分のムスコが不幸になると思ったら、
そりゃあぼくのことをなじらずにはいられないだろうし、
子どもを思えばこそ、当然のことだろうと思えますが…

あの時は
「結局、お母さんは私を嫌いだったんだ!」
と、ぼくの怒りが大爆発だったんです。

だから旦那のことも理解せず、
旦那のお母さんの気持ちも考えず
そのまま離婚してしまいました。